ここから本文です

新Apple 札幌は「札幌フコク生命越山ビル」にオープン?

ITmedia ニュース 9/25(日) 11:26配信

 2016年02月26日に、入居ビル取り壊しに伴い、一時閉店した「Apple Store 札幌」だが、その移転先として、地元のAppleユーザーの間では、北3条通西3に建設中の、地上13階、地下1階、高さ59.00mのオフィスビル「札幌フコク生命越山ビル」((仮称)札幌駅前通共同ビル))の1階と2階にオープンするのではないかと噂されている。

 地下鉄「さっぽろ駅」の出口3から直結したビルとなるようで、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)の側でもあり、立地条件としては好物件だ。

 このビルは、米国の環境性能評価システムLEED及び、我が国の建築環境総合性能評価システムCASBEEで、それぞれLEED Core&Shell SILVERとCASBEE札幌Aランクを取得予定(LEEDは北海道初)で、省エネと環境に極めて高く配慮したオフィスビルとなっている。

 建築主は富国生命と越山ビルディングスで、設計は清水建設が担当している。

 1階、2階、BF1階のフロア募集は、元々行われていない可能性もあり、ここではない可能性もあるが、もしここに出来るのであれば、ビルの完成が2017年1月予定となっていることから、2017年春オープンになるのかもしれない。
[MACお宝鑑定団]

最終更新:9/25(日) 11:26

ITmedia ニュース