ここから本文です

【凱旋門賞】マカヒキ「動きダイナミック」 本番へ向け軽めの調整

デイリースポーツ 9/25(日) 6:04配信

 「凱旋門賞・仏G1」(10月2日、シャンティイ)

 大一番に日本代表として挑むマカヒキ(牡3歳、栗東・友道)が、着実に仕上げを進めている。23日はシャンティイ調教場のリヨン坂路(ダート)で、6Fのハッキング後、単走で6Fを15-15の調整。騎乗した大江助手は「ニエル賞勝利後もダメージはなく、早い段階で疲れも取れて調整を進めることができている。体に張りがあるし、きょうの動きもダイナミックだった」と満足げに話した。

 27日にはルメールが騎乗して、最終追い切りを行う予定。海外馬券発売第1弾としても注目される一戦へ向け、仕上げは最終段階に入っていく。

最終更新:9/25(日) 7:27

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]