ここから本文です

元NBA選手・田臥「悔しい1ページ」 35歳の主将はホロ苦船出

デイリースポーツ 9/25(日) 6:04配信

 「Bリーグ、栃木68-83宇都宮」(24日、宇都宮市体育館)

 日本人初のNBAプレーヤー、田臥勇太(35)を擁する栃木は秋田に68-83で敗れた。14年にNBAマーベリックスと契約した富樫勇樹(23)が所属する千葉は仙台に96-77で圧勝。TKbjリーグ(日本プロバスケットボールリーグ)の強豪だった浜松・東三河が前身の三遠は、旧ナショナルリーグ(NBL)で昨季覇者の東芝神奈川が前身の川崎に72-70で競り勝った。

 日本バスケットボール界の象徴とも言える田臥の船出は、ほろ苦いものになった。黒星発進に、35歳の主将は「簡単に勝てる試合は一つもないと初戦で教えられた。新たな1ページは悔しい1ページになってしまった」とうつむいた。

 22日のA東京と琉球の開幕戦を生観戦。超満員の観客の盛り上がりに「バスケの可能性をすごく感じた。楽しさを伝えたいという思いが強くなった」という。しかし、チームは波に乗りきれなかった。ノーマークのシュートがことごとくゴールに嫌われ、栃木の3点シュートの決定率はわずか15・8%。秋田は5割を超えた。

 痛い敗戦に「ホームの雰囲気を感じて、初代王者を目指したいと思わされた」と田臥。これから続く59試合で悔しさを晴らし続ける。

最終更新:9/25(日) 7:48

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]