ここから本文です

【RIZIN】木村ミノル悪夢のデビュー戦 わずか7秒で敗北

東スポWeb 9/25(日) 17:39配信

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND‐PRIX2016 無差別級トーナメント開幕戦」(25日、さいたまスーパーアリーナ)で、新生K―1から殴り込んできた木村“フィリップ”ミノル(23=ブラジル)が総合格闘技初参戦。チャールズ・“クレイジー・ホース”・ベネット(36)相手にまさかの黒星デビューとなった。

 開始早々、飛びヒザ蹴りで襲い掛かった木村だが、これにベネットが右の拳を合わせる。モロに顔面にもらってしまい、ダウンすると、パウンドで容赦なく殴られる。レフェリーが止め、わずか7秒で敗れ去った。

 ベネットは「瞬殺、みんな、ちゃんと目を開けて見てくれたかい?」とリング上でおどけながら話した。

最終更新:9/25(日) 17:39

東スポWeb