ここから本文です

「エイジレスライフ」「社会参加活動」事例に遠藤さんと3団体

福島民報 9/25(日) 10:47配信

 内閣府は、生き生きと活動する高齢者をたたえる「エイジレス・ライフ実践事例」に福島県伊達市の遠藤利夫さん(83)、「社会参加活動事例」に福島県相馬市のエコクラフト手芸たっぷ、福島県郡山市のできる男のクッキング、NEWワンマンオーケストラを選んだ。
 遠藤さんは地元の学校などで歴史、民俗、生活習慣などを伝える講師をしている。しめ縄作り教室も定期的に開催している。
 エコクラフト手芸たっぷは仮設住宅にある集会所などで住民に手芸を教える活動をしており、地域の交流の輪を広げている。
 できる男のクッキングは月に一度の例会で料理の腕を磨いている。文化祭への出展や子ども向けの料理教室開催などもしている。
 NEWワンマンオーケストラのメンバーは平均年齢が78歳で、老人ホームなどへの慰問演奏活動に取り組んでいる。

福島民報社

最終更新:9/25(日) 11:35

福島民報