ここから本文です

ペドロ・アルモドバル「ジュリエッタ」予告、過去と現在を交錯させ女の運命描く

映画ナタリー 9/25(日) 15:02配信

ペドロ・アルモドバルの監督作「ジュリエッタ」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ノーベル賞作家アリス・マンローの短編小説3編をもとにした本作。娘と疎遠になった女性ジュリエッタが運命に翻弄される30年間を描く。ジュリエッタの中年期をエマ・スアレス、若年期をドラマ「情熱のシーラ」の主演女優アドリアーナ・ウガルテが演じている。

このたび公開された予告編冒頭には、娘のアンティアがジュリエッタのもとを去る場面を収録。そして時はさかのぼり、幸せそうに夫にキスをするなど、明るい家庭を築く過去のジュリエッタが映し出される。映像終盤には、アンティアから届いたと思われる手紙に涙を浮かべる現在のジュリエッタの姿も。

「ジュリエッタ」は11月5日より東京・新宿ピカデリーほか全国にて公開。



(c) El Deseo

最終更新:9/25(日) 15:02

映画ナタリー