ここから本文です

飯盛山鎮魂の剣舞 白虎隊士墓前秋季祭典 若松

福島民報 9/25(日) 10:49配信

 白虎隊士墓前秋季祭典は24日、福島県会津若松市の飯盛山で行われ、戊辰戦争で散った隊士らの霊を慰めた。
 会津弔霊義会の主催で毎年春と秋に行っている。約200人が出席した。芳賀公平理事長が祭文を読み上げ、会津松平家第14代当主の松平保久さん、室井照平市長らが玉串をささげた。
 会津吟詠会が詩吟を奉納した後、会津高剣舞委員会が伝統の白虎隊剣舞を墓前にささげた。自刃した隊士と同数の19人の生徒が朗々とした詩吟に合わせ、気持ちを込めて舞った。訪れた市民や観光客は慣例に従い、規律、脱帽して見守った。
 剣舞は明治17(1884)年の白虎隊17回忌以来、継承されている。

福島民報社

最終更新:9/25(日) 11:29

福島民報

なぜ今? 首相主導の働き方改革