ここから本文です

14歳の紀平梨花が真央上回る、史上初の8つのトリプルジャンプに成功

デイリースポーツ 9/25(日) 10:32配信

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第5戦スロベニア大会が24日に行われ、女子フリーで紀平梨花(14)=関大KFSC=が、世界スケート連盟(ISU)公認試合で女子史上7人目、日本人では過去に伊藤みどり、中野友加里、浅田真央の3人しか成功していないトリプルアクセル(3回転半)に成功した。

 ショートプログラム(SP)で2位だった紀平はフリーでトップの128・31点をマークし、合計194・24点で逆転優勝。12月のジュニアGPファイナル進出を決めた。昨季の世界ジュニア選手権の覇者でSP4位の本田真凜(15)=関大中=は120・96点でフリー2位、合計178・75点で2位となった。

 紀平は冒頭のトリプルアクセルに成功。GOEで加点が付くできばえだった。その後も3回転ルッツ-3回転トーループなどすべてのジャンプで回転不足、エッジエラーなどミスがなく、加点が付いた。6種類8つの3回転ジャンプを女子の決めたのはISU管轄の試合では初の快挙。浅田が2014年ソチ五輪のフリーで6種類8つの3回転ジャンプを入れる構成だったが、軽度の回転不足などがあった。

 紀平は同シリーズに今季初参戦。昨秋から練習ではトリプルアクセルに成功しており、シリーズ参戦前には「できる人が少なくこれから生かせるジャンプだと思う。今のうちにしっかり跳んでいかないとと思う」と意気込みを語っていた。初戦の第2戦チェコ大会でもフリーでトリプルアクセルに挑戦したが失敗し、2位だった。

最終更新:9/25(日) 14:20

デイリースポーツ