ここから本文です

スケートシーンに注目集まる「ユーリ!!!」久保ミツロウが振り付けの裏側語る

コミックナタリー 9/25(日) 17:30配信

久保ミツロウ、山本沙代、MAPPAによるオリジナルアニメ「ユーリ!!! on ICE」の先行上映会が、本日9月25日に東京・TOHOシネマズ渋谷にて開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

男子フィギュアスケートを題材とした「ユーリ!!! on ICE」は、原案を「モテキ」「アゲイン!!」で知られる久保ミツロウと、「LUPIN the Third -峰不二子という女-」「ミチコとハッチン」などの山本沙代が手がける。久保はネーム・脚本原案やキャラクター原案も担当。監督・シリーズ構成は山本が務める。

イベントでは、第1話から3話までを一挙上映。その後、原案を務めた久保ミツロウ、フィギュアスケートの振付を担当した宮本賢二、勝生勇利役の豊永利行、ヴィクトル・ニキフォロフ役の諏訪部順一、ユーリ・プリセツキー役の内山昂輝が登壇し、トークを繰り広げた。本編3話までを見終えた観客に向かって久保はまず「間に合ってないところが多いんですが、今日観たやつは公式練習だと思ってください(笑)。本番には間に合いますので」と断りをいれつつも、豊永は「まあとにかくスケートシーンがヤバいですよね! グラフィックと、音楽もそうですし。劇場で大きいスクリーンで、より美しく観られる環境で」と上映会の醍醐味を語る。

フィギュアスケートについての印象を問われると内山は「たぶんキャストの中で一番知識が少ないので日々勉強中」と告白し、「台本で知らない言葉が出てきたらいちいち検索したり。フィギュアは難しい! ジャンプの種類を滑りながら考えてる感じとか、点数が加算されて、後半で飛ぶとどうのとか、今理解してる最中」と続ける。「でも知らないことはSD(キャラ)の勇利くんが解説してくれるので助かる」と、フィギュアスケート初心者にも優しい作品だと説明した。それに対し諏訪部は「結構テレビで観戦したりはしてるけど、まだ正直、ジャンプの種類は見分けられないです、完全には。ループ、アクセル、サルコウ……どっち?ってなる」と話すが「オリンピックや世界選手権は観てたり。心に残っている選手はたくさんいます」とフィギュアスケート好きの一面を明かす。

「ユーリ!!! on ICE」において振り付けを担当している宮本は、アニメになった振り付けを見た感想を問われると、「スケートの試合やアイスショーを見たときに、滑ってる選手は見えるけど、その人の心の中は見られない。でもアニメを通して選手が何を思っているのかが見やすくなっているので、スケートと普段が繋がってて楽しいと思います」と語る。また久保が「アフレコしているときは賢二先生の滑ってる映像を見ながらやっている」と明かすと、客席からは驚きの声が上がる。さらに振り付け撮影時の話に及ぶと、久保は「賢二先生に全部フル尺で滑ってもらうというのを、20曲くらい作ってくださって。選手のイメージを伝えて、その架空のキャラに合わせて賢二先生がさらに膨らませてくれた」と説明。夜中から朝までに及ぶ撮影に、宮本は「正直つらかったですけど、皆さんのチームワークとか、『賢二ガンバ!』って言ってくれたりとか(笑)、現場が楽しくて、行くのが楽しみになってました」と笑顔を見せた。

また宮本は実際に存在する選手の振り付けとアニメの振り付けの違いを、「普段、選手は見て話して振り付けしますけど、今回は久保先生からキャラクターの特徴をいっぱい聞いていたので、その選手になりきって僕は踊ってました」と述懐。久保は「演技が始まる前の、コーチとの触れ合いシーンからやってもらっている。このキャラはコーチとハグしてから行くとか、このキャラだったらコーチの話を聞かずにいきなりバっと駆け出すとか」と説明すると、宮本も「試合に立つまでに集中しているのか、観客に投げキッスをしながらいくのかとか、いろいろ考えましたね」と振り返った。スケートシーンについて内山は「アフレコ中に滑ってる映像を見て、こうやって出来てたんだなと」、諏訪部は「迫力のあるこだわりの映像。通常はCGでやることも多いですけど、よりニュアンスを表現するために手描きで、監督のこだわりが出てて、すごく見応えがあって素敵だなって」とそれぞれ感想を語り、「実際、滑ってるシーンは僕たち仕事ないんで眺めてるだけ(笑)。息のアドリブ入れたりとかないので」と付け加える。

キャラクターの印象を問われると、勝生勇利を演じる豊永は「一番最初に収録現場に入ったとき、音響監督さんに、フィギュアスケートというスポーツは、たくさんの人の力を借りているんだけども、氷上に立ったときの孤独さがものすごいと聞いて。どこか役者業というものに通ずるものがあるなと」と自身の見解を話す。「チームワークで作るけど、1人で戦っていく、自分自身と戦っていく。その境遇がものすごく近くて、実は完成版を見て5回くらい泣いてしまってます」と告白。すると豊永は話しているうちに「泣いちゃう、ダメだー!」と涙ぐみはじめてしまう。あまりに勇利に共感している豊永を見て久保は「豊永さんはオーディションのときから彼しかいないと思ってた。ナチュラルボーン勝生勇利だって思うことがとても多くて」と太鼓判を押した。

「ユーリ!!! on ICE」の放送は10月5日のテレビ朝日での放送を皮切りにスタートし、BS朝日、サガテレビ、長崎文化放送でもオンエア。放送開始日の10月5日には、全国の一部アニメイトにて、フィギュアスケートの応援には欠かせない応援バナーをランダムで配布する。登壇者がランダム配布という言葉に反応する中、豊永は「勝生くんをどうか譲渡に出さないでください!」と訴え、会場の笑いを誘い、盛況の中イベントは終了した。

アニメ「ユーリ!!! on ICE」
テレビ朝日:2016年10月5日(水)より毎週水曜26:21~
サガテレビ:2016年10月7日(金)より毎週金曜25:55~
BS朝日:2016年10月9日(日)より毎週日曜25:00~
長崎文化放送:2016年10月11日(火)より毎週火曜25:51~


スタッフ
原案:久保ミツロウ×山本沙代
監督・シリーズ構成:山本沙代
ネーム/脚本原案・キャラクター原案:久保ミツロウ
キャラクターデザイン:平松禎史
音楽:梅林太郎 松司馬拓
音楽プロデューサー:冨永恵介(PIANO)
フィギュアスケート振付:宮本賢二
アニメーション制作:MAPPA

キャスト
勝生勇利:豊永利行 
ヴィクトル・ニキフォロフ:諏訪部順一 
ユーリ・プリセツキー:内山昂輝
イ・スンギル:野島健児
エミル・ネコラ:日野聡
オタベック・アルティン:細谷佳正
ギオルギー・ポポーヴィッチ:羽多野渉
クリストフ・ジャコメッティ:安元洋貴
ジ・グァンホン:本城雄太郎 
ジャン・ジャック・ルロワ:宮野真守
ピチット・チュラノン:小野賢章 
ミケーレ・クリスピーノ:前野智昭
南健次郎:村瀬歩
レオ・デ・ラ・イグレシア:土岐隼一
西郡豪:福山潤

(c)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会

最終更新:9/26(月) 0:07

コミックナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革