ここから本文です

星野、プロ2戦目は18位 豪打披露も「飛ばすだけではだめ」

デイリースポーツ 9/25(日) 15:10配信

 「男子ゴルフ・アジアパシフィックオープンダイヤモンド杯・最終日」(25日、茨木CC西C=パー70)

 並外れた飛距離で今週の話題を振りまいた星野陸也(20)=フリー=はこの日1オーバー、通算1アンダーの18位でホールアウトした。

 プロとして2戦目で初めて4日間を戦い終え「昨日、今日は本当にパットに苦しみました」と苦笑しながら振り返った。

 今大会のドライビングディスタンスは計測ホールで306・5ヤード、堂々の1位には「飛ぶだけではだめだということも分かりました」と言いつつ、11番ではキャリー308ヤードが必要な右バンカーを狙って超す豪打も披露した。

 次戦は早速26日、東海クラシックのマンデー予選となる。このまま総合力を上げていけば必ず、飛んで、勝てるスターへと成長するはずだ。

最終更新:9/25(日) 21:59

デイリースポーツ