ここから本文です

山県 自己ベスト10秒03で優勝 ケンブリッジは10秒15

デイリースポーツ 9/25(日) 16:36配信

 「陸上・全日本実業団対抗選手権」(25日、ヤンマースタジアム長居)

 男子100メートルが行われ、リオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダルの山県亮太(24)=セイコーホールディングス=が自己ベストを更新する10秒03で優勝。10秒15で2位となったケンブリッジ飛鳥(23)=ドーム=とのメダリスト対決を制した。10秒03は大会新で、日本歴代4位タイの記録となった。

 進化が止まらない。今季3度目の自己新記録を出した山県は「9秒台を狙っていたので悔しさ4割、うれしさ6割」と言いながらも「自己ベストを出せたのはよかった」と笑顔。

 号砲への反応時間は、リオ五輪準決勝で10秒05を出した時より速い0秒107と驚異の数字で、スタートからケンブリッジに先行。6月の日本選手権で敗れたライバルを制し「強いメンバーの中で勝てたのでよかった」と胸をなで下ろした。

 一方、コンディションは「60~70%くらい」と言うケンブリッジは「速かったですね。(10秒03は)さすがです」と山県に脱帽。「楽しかったけど、勝って終わりたかった」と悔しさものぞかせた。それでも準決勝、決勝で10秒1台をマークし「どんな状態でも10秒1台を出せるようになったのはいいこと」と自信もつけた様子だった。

 2人はともに10月の岩手国体に出場予定。ケンブリッジは「次は記録が狙えるかな。国体で負けないようにしたい」と誓った。

最終更新:9/25(日) 19:41

デイリースポーツ