ここから本文です

阪神・能見が2年ぶりリリーフ登板 1/3回を無失点

デイリースポーツ 9/25(日) 17:03配信

 「中日-阪神」(25日、ナゴヤドーム)

 阪神・能見が、七回2死の場面で3番手としてマウンドに上がった。15年10月4日・広島戦(甲子園)以来の中継ぎ登板で、1/3回を1安打無失点に抑えた。

 先発の岩貞が6回無失点と好投し、4-0の七回は安藤がマウンドへ。しかし1死から堂上に6号ソロを浴びた。続く杉山を空振り三振に打ち取ったところで、能見がマウンドに上がった。先頭の代打・森野に中前打を許したが、続く大島を落ち着いて投ゴロに仕留めた。

 今季は先発として24試合に登板し、8勝12敗、防御率3・70。来季へ向け、新たな可能性を感じさせるリリーフ登板だった。

最終更新:9/25(日) 19:42

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています