ここから本文です

豪栄道が全勝優勝 かど番では初の快挙

デイリースポーツ 9/25(日) 17:23配信

 「大相撲秋場所・千秋楽」(25日、両国国技館)

 14日目に全勝で初優勝を決めた大関豪栄道は、大関琴奨菊に寄り切りで勝って、全勝優勝を果たした。琴奨菊は9勝6敗。

 立ち合い、低く当たると、琴奨菊に押し込まれる場面もあったが、落ち着いて寄り切った。かど番からの全勝優勝は史上初の快挙となった。

 大関稀勢の里は大関照ノ富士に寄り切りで勝って10勝5敗。照ノ富士は4勝11敗となった。

 結びの一番は横綱日馬富士が横綱鶴竜に寄り切りで勝って、13勝2敗とした。

 三賞には優勝争いに食らいついた平幕遠藤が初の技能賞、2横綱、3大関を撃破した平幕隠岐の海が初の殊勲賞に輝いた。敢闘賞は、2桁勝利を挙げ優勝争いを展開した新関脇高安が3度目の選出となった。

最終更新:9/25(日) 19:42

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]