ここから本文です

水森かおり 昨年の巨大紅白衣装を披露

デイリースポーツ 9/25(日) 19:00配信

 歌手の水森かおり(43)がデビュー記念日にあたる25日、都内でメモリアルコンサートを行い、約2000人のファンに昨年の紅白歌合戦で着用した巨大衣装と女優に初挑戦した約10分のショートムービー「ブーケのかおり」を披露。デビュー22年目を迎えるにあたり、「2」を意味するVマークを両手で作り「VV(ぶいぶい)と進んでいきたい」と決意表明した。

 ショートムービーで水森はウエディングプランナーを演じ、ガレッジセールのゴリ(44)と恋物語?を展開していく。「女優デビュー?とんでもない。新しい挑戦です。去年はお芝居だったので、今年は(お客さんに)映像を見ていただこうと。難しいですね。でもやってよかった」と笑みをこぼした。

 水森はライブの最後に昨年のNHK紅白歌合戦で「大和路の恋」を歌唱した際に着用した巨大衣装で登場。火の鳥をイメージした鳥に乗り、高さ約7メートルまで上昇しながら同曲を熱唱した。「本当に久しぶり。紅白以来。けっこう前へ行くな、高いなと感じました。でも私、高い所大好きです」と余裕で最後の25曲目を締めくくった。

 今年も紅白での巨大衣装が注目されそうだが、水森は「衣装?とんでもありません。まず出場することが第1目標です」と謙虚に言葉を選んだ。

最終更新:9/25(日) 21:02

デイリースポーツ