ここから本文です

山本美憂、RENAに敗れる 絞め技に無念のタップ、息子に続けず

デイリースポーツ 9/25(日) 20:27配信

 「RIZIN」(25日、さいたまスーパーアリーナ)

 第12試合でレスリングの元世界女王・山本美憂(42)が、シュートボクシングのRENA(25)とのワンマッチに挑んだが、敗れた。1回終了間際にRENAが絞め技を繰り出し、山本がタップした。

【写真】息子は『あびる優の夫』に快勝

 序盤はお互いがけん制しあい、間合いが開いたまま時間だけが経過していった。試合が動いたのは2分30秒ごろ。山本が片足タックルでテイクダウンし、グラウンドに持ち込んだ。一度立ち上がってからも再びタックルを決めるなど、山本ペースで試合が進むかに見えた。

 しかし、シュートボクサーのRENAが得意の打撃でペースをつかむ。パンチの連打を繰り出し、最後の絞め技につなげた。

 今大会では山本美憂の長男・アーセンが4試合前に出場し、才賀紀左衛門に判定勝ちしていたが、親子での勝利はならなかった。試合後はアーセンから「ママ、強かったよ。オレもそうだったから次は絶対勝てる」と励まされた。美憂は「悔しいです」と振り返り、「MMA(総合格闘技)の洗礼を受けました。負けて終わるわけにはいかない。火がつきました」と闘志を燃やした。

最終更新:9/25(日) 23:23

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]