ここから本文です

川崎、クラブ初のチャンピオンシップ進出 横浜Mとの死闘制す

デイリースポーツ 9/25(日) 21:07配信

 「J1、川崎3-2横浜M」(25日、等々力陸上競技場)

 川崎が横浜Mとの死闘を制して、年間順位の3位以内を確保。初めてのチャンピオンシップ出場を決めた。

 川崎は前半14分、FW小林悠が右サイドからの絶妙のピンポイントクロスを上げ、これにMF狩野健太が頭が合わせて先制した。

 後半39分にも、MF田坂祐介の絶妙なスルーパスに反応したMF三好康児が、技ありのループシュートでゴールネットを揺らし、勝利をたぐり寄せた。

 しかし、横浜Mは後半ロスタイムに入って、驚異的な反撃を見せた。川崎・GK新井章太の負傷退場もあって、実に9分ものロスタイムがあった。MF中町公がゴール前の混戦から1点を返すと、その2分後にFW伊藤翔がゴールし、同点に追い付く粘りを見せた。

 しかし、ここで川崎は終了直前、MF小林悠がゴール前の混戦から頭で合わせて、劇的な決勝点を奪った。

 第2ステージで逆転優勝を狙う横浜Mにとっては、V争いから大きく後退する手痛い黒星となった。

最終更新:9/25(日) 21:19

デイリースポーツ