ここから本文です

「真田丸」昌幸死す ネットでは早くもロスの声「涙腺崩壊」「泣いた」

デイリースポーツ 9/25(日) 21:24配信

 NHK大河ドラマ「真田丸」が25日放送され、紀州九度山村に流罪となった真田昌幸(草刈正雄)がついに最期を迎えた。物語のMVPとも評される名キャラクターの死に、ネット上では、地上波での放送終了とともに“昌幸ロス”の声が広がっている。

【写真】草刈正雄 次女と共演で照れまくり…しかも恋人役!?

 第38回「昌幸」では、幽閉となった昌幸と信繁ら一行の日々が描かれた。昌幸は徳川についた長男・信之(大泉洋)を通じ、何度も釈放を願い出るが、家康(内野聖陽)は「ならぬ、死ぬまで」「くど~い。あれが九度山を離れるのは、骨になった時じゃ」と取り合わなかった。

 九度山での10年を1話に凝縮して描くことが放送前から話題になっていたが、流罪から2年から4年までの歳月はわずか約1分半で描かれた。

 10年の歳月がたったある日、死期を悟った昌幸は、信繁(堺雅人)に「いずれ必ず豊臣と徳川がぶつかる。その時はここを抜けだし、豊臣につけ。これより話すは、徳川に勝てるただ一つの道。10年かけて、わしが考えた策じゃ」と秘策を授ける。

 昌幸は、まず手持ちの軍勢をもって真っ先に尾張を制する-という戦法を説明し、「負ける気はせん」と熱き思いを息子に託した。

 そして、「心得は一つ」と話すと、「軍勢を一つの固まりと思うな。一人一人が生きて、一人一人が思いを持っておる。それを努々(ゆめゆめ)忘れるな」と“昌幸魂”ともいえる遺言を伝えた。そして、「信濃に…帰りたかった。上田の城に…」とつぶやくと、「御屋形様…御屋形様!」と亡き主君、武田信玄の面影を見たのか、馬のひづめの音とともに最期を迎えた。

 真田丸ファンの間では、“昌幸パパ”とも呼ばれ、男女年齢問わず、多くのファンの心をつかんでいた“草刈昌幸”。ネット上では「昌幸の魂を武田信玄が信濃へ連れて帰った」「真田昌幸『上田に帰りたかった…』で涙腺崩壊した」「昌幸が信繁に遺言を聞かせるシーン、泣いた。」と感動の声が続々。同時に「来週から昌幸がいないのがズシリときそうだ」「昌幸パパのこと考えると泣いちゃいそう」と悲しみの声が広がっていた。

最終更新:9/25(日) 22:37

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]