ここから本文です

岡村&東野、新『旅猿』のロケ地に嘆き「オーストラリアのはずが…」

オリコン 9/26(月) 6:00配信

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史とタレントの東野幸治が、10月12日よりスタートする『東野・岡村の旅猿10 プライベートでごめんなさい』(毎週水曜 深1:29~)の第1回放送を前にコメントを寄せた。喫茶店『ばじりこ』で告げられた行き先は「西伊豆」。東野は「新シーズンは、オーストラリアで、バイクでツーリングするというつもりだったんですけど、それの20分の1のスケールの旅が、10月から始まります」と自虐気味にアピールした。

【写真】バックパックを背負い…一緒に旅する東野&岡村

 同番組はもともと日曜の午前から放送されていたが、今秋から枠移動で深夜帯にお引っ越し。これについて東野は「島流しにあいました」と嘆いていたが、「頑張らなあかんなという気持ちと、『ライバル局の皆さん、いつでもスタンバイできています』という、双方向の気持ちで頑張っていこうかなと思っています」と複雑な心境を語った。

 西伊豆ではバイク旅を敢行する予定だが、岡村は事前の打ち合わせで「『オーストラリアで(大型)免許取ってバイクで走りたい』と言った時は、確かにスタッフも『いいですねー!」と盛り上がっていたことを明かしたが、「免許を取るためのスケジュールを聞かれたりもしてたんです。その後ぷっつり」と寂しげ。

 結局、そのまま撮影に入り「免許という話もバイクという話も何も言ってこなくなって、今日、『ツーリング」というから、『おおっ!』と思って、『免許は?』と言ったら、『いや、乗れるバイクで…』と、どんどんスタッフの声が小さくなって…」と苦笑しつつ、「でもいいんです全然、そういう感じでできれば。いつかできれば」と取り直していた。

最終更新:9/26(月) 10:09

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]