ここから本文です

【NBA】R.ウェストブルック、元相棒とは疎遠も“新時代”に意欲

ISM 9/25(日) 13:33配信

 オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックが、今オフにゴールデンステイト・ウォリアーズへ移籍した元相棒ケビン・デュラントといまだ疎遠状態であると明かしたことが分かった。

 これは、米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが現地23日に報じたもの。ウェストブルックは同日のメディアデーでデュラントとの仲について聞かれた際、まだ話をしていないと率直に答えたという。

 サンダーは24日にトレーニングキャンプを迎え、デュラントのいないシーズンが正式に始まるが、ウェストブルックは新しい時代に突入することを楽しみにしているようだ。デュラント、ディオン・ウェイターズ、サージ・イバカが去り、今までとは違うチームになったと認めながらも、新しい仲間と楽しむ準備はできていると語った。

 また、2016-17シーズンの目標は、これまでと変わらず優勝だと明言。デュラントと分かち合ってきたリーダーとしての責任を1人で背負うことになるが、チームのリーグ制覇に貢献したいと述べるなど、新たなシーズンに意欲を見せていたと、『ESPN』は伝えている。

最終更新:9/25(日) 13:33

ISM