ここから本文です

【GOLF】台湾のセンが6打差大逆転! P.コンワットマイ、今平は4位タイ

ISM 9/25(日) 17:36配信

 国内男子&アジアンツアー共同主管で開催されるアジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフが25日、大阪府の茨木カンツリー倶楽部 西コースで最終ラウンドの競技を終了。セン・セショウ(台)が通算10アンダーでの逆転優勝となった。

 トップと6打差の13位タイから出た最終日をスタートしたセンは、4番までに3バーディを奪い前半を3アンダーで折り返すと、サンデーバックナインでも10番でスコアを伸ばすと、12番からは3連続バーディ。ノーボギーの8アンダー「62」と猛チャージをかけて大逆転。今年7月の欧州&アジアンツアー共催のキングスカップ presented by PTT Groupでもトロフィを獲得している台湾の30歳は、国内ツアー3戦目での初優勝となっている。

 トップと2打差の単独2位には小池一平、通算7アンダー単独3位には山下和宏が入った。単独首位から出た17歳のパチャラ・コンワットマイ(タイ)は、前半を2バーディ、2ボギーで折り返すと、後半は2つスコアを落として2オーバー72。通算6アンダーで今平周吾、宮本勝昌と4位タイで大会を終えている。

 賞金ランキングでトップを走る谷原秀人は、最終18番でイーグルを記録するなど3アンダー67で回り、通算5アンダーで片岡大育と7位タイでフィニッシュ。今季1勝の時松隆光が通算4アンダーで9位タイとなっている。

最終更新:9/25(日) 17:45

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]