ここから本文です

横浜の病院で点滴に異物混入で男性死亡 殺人容疑で捜査

AbemaTIMES 9/25(日) 14:26配信

(C)AbemaTV

20日早朝 、横浜市の大口病院で入院患者だった八巻信雄さん(88)が中毒死した事件で、24日病院側が会見に応じた。院内で患者が死亡したことについて聞かれ「難しい問題だが、院内も否定できない」と話した。

警察の発表によると、八巻さんの遺体から界面活性剤と呼ばれる、市販されている洗剤や、一般的な医薬品に含まれる成分が検出されたことが明らかになった。

また捜査関係者によると、18日以降 八巻さんと同じ4階に入院していた80代~90代の男女3人のうち、少なくとも1名が病死でない可能性があることも新たに分かっている。

警察は何者かが八巻さんの点滴に異物を混入したとみて殺人事件として捜査する方針だ。

最終更新:9/25(日) 15:14

AbemaTIMES