ここから本文です

【速報】大坂なおみ ツアー初V・日本勢21年ぶりの優勝ならず、決勝でストレート負け<女子テニス>

tennis365.net 9/25(日) 13:57配信

東レ パン パシフィック オープンテニス

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は25日、シングルス決勝戦が行われ、18歳の大坂なおみ(日本)は元世界ランク1位のC・ウォズニアキ(デンマーク)に5-7, 3-6のストレートで敗れ、ツアー初優勝とはならなかった。もし優勝していた場合、日本勢では1995年のクルム伊達公子(日本)以来21年ぶりの快挙だった。

【大坂なおみは「危険な選手」】

決勝戦、第1セットの第3ゲームで強烈なリターンエースを決めた大坂がブレークに成功する好スタートを切った。しかし、その後は3度のブレークを許して、このセットを落とす。

第2セットに入ると大坂は失速し、第6・第7・第8ゲームを連取する反撃を見せたが、勝利を手にすることは出来なかった。

今年のグランドスラムでは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)の3大会で3回戦へ進出する活躍を見せた。

現在18歳の大坂はハイチ出身のアメリカ人の父親と日本人の母親とのハーフで、恵まれた体格から「和製S・ウィリアムズ(アメリカ)」との声も高い。身長180センチを活かした高速サービスが持ち味で、その速さは時速200キロにまで及ぶ。

一方、優勝した元女王のウォズニアキは、2010年以来6年ぶり2度目のタイトル獲得を果たした。

今年は足首の故障に悩まされたが全米オープンでノーシードからベスト4へ進出し、世界ランキングは28位まで浮上している。

tennis365.net

最終更新:9/25(日) 13:57

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています