ここから本文です

元世界1位ウォズニアキ、大坂なおみを称賛「素晴らしい選手」<女子テニス>

tennis365.net 2016/9/25(日) 14:46配信

東レ パン パシフィック オープンテニス

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は25日、シングルス決勝戦が行われ、元世界ランク1位のC・ウォズニアキ(デンマーク)が18歳の大坂なおみ(日本)を7-5, 6-3のストレートで下し、6年ぶり2度目の優勝を果たした。表彰式では準優勝の大坂について「素晴らしい選手」と称賛した。

【大坂なおみは「危険な選手」】

ウォズニアキは「これだけ楽しい大会を毎年開催してくれて、ありがとうございます。来年も楽しみにしている」と来年の東レ パン パシフィック オープンテニスの2連覇と3度目の優勝を誓った。

続けて「(大坂と)これからも決勝で対戦するのではないかと思う。おめでとうと言いたい」と述べた。

元女王のウォズニアキは、今シーズンは足首の故障に悩まされたが全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でノーシードからベスト4へ進出する活躍を見せた。

一方、敗れた大坂は惜しくもツアー初優勝とはならなかった。もし優勝していた場合、日本勢では1995年のクルム伊達公子(日本)以来21年ぶりの快挙だった。

tennis365.net

最終更新:2016/9/25(日) 14:46

tennis365.net

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!