ここから本文です

ロッテ石川15勝目ならず、伊東監督も悔やむ「人生そうチャンスはない」

Full-Count 9/25(日) 10:20配信

石川「全体的に雑になってしまった」

 球団56年ぶりの最多勝&最優秀防御率の2冠を狙って24日のオリックス戦に登板したロッテ石川。チームは4-3で延長10回サヨナラ勝ちも、自身は6回107球の3失点で降板。「せっかくのチャンスだから」と落合投手コーチに続投を勧められながら、マウンドを降り今季15勝目はならなかった。「人生そうチャンスがあるものではないのに」と伊東監督も残念がった。

ロッテ・石川歩の今季成績

 15勝のソフトバンク和田は、左肘の違和感で登録を外れ、レギュラーシーズン中の復帰を断念。8日からのCS登板を考えると石川にとってこの日が15勝への最終チャンスとなることが濃厚だった。悪天候で試合開始が40分以上遅れ、先発予定だった22日の楽天戦は雨で中止と中1日のスライド。「メンタルが強くないので……」と伊東監督を心配させた登板で6回急に崩れた。

 5回に園部に右中間へ同点タイムリーを許したが、最小失点でしのぎ、エースの意地を見せた。しかし6回先頭の安達にシュート回転して中に入る145キロ直球を右中間に運ばれ、1死後から中島、西野に連続タイムリーを許した。「こんな天候で試合開始が遅れたが、ゲームの入りは問題なかったが、全体的に雑になってしまった。もう少し慎重に投げれば、違った展開になっていたと思う」と反省しきりだった。

 勝てば1960年の小野正一(33勝、1.98)以来の2冠だったが、この日15勝目を手にすることはできなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/25(日) 10:20

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。