ここから本文です

世界初、血管の中を泳ぐお魚ロボット「ナノフィッシュ」

ギズモード・ジャパン 9/25(日) 22:10配信

踊り食いならぬ、踊り治療。

新世代医療として、体内に取り込んだ小さな小さなナノボットが勝手に必要な治療を施してくれるという話は最近よく耳にします。カリフォルニア大学サンディエゴ校が世界初として開発したのはそんな体内用ロボット、ナノフィッシュです。

研究開発を行なったのは、Jinxing Liさん率いるカリフォルニア大学チーム。ナノフィッシュロボットは、金とニッケルの部品を銀のヒンジで繋いで作られており、その大きさはなんと砂粒の1/100。外部の磁石がロボットにウネウネした動きを生み、推進力となります。磁力の強弱によって、動くスピードや方向転換などを操作。今後、体内への投薬などに使われることが想定されます。

体内を泳ぐというコンセプトの小さなロボットは、今までにも考えられてきました。しかし、その多くは潜水艦スタイルで、バクテリアの螺旋状のしっぽが、ナノボットの動きのインスピレーションとなっていました。カルフォルニア大学チームが考案した魚スタイルは珍しいながらも、研究ではその動きの効率の良さが注目されています。

source: The New Scientist, Small

Rhett Jones - Gizmodo US[原文]

(そうこ)

最終更新:9/25(日) 22:10

ギズモード・ジャパン