ここから本文です

ワウリンカ、決勝戦は19歳ズベレフと初対戦<男子テニス>

tennis365.net 9/25(日) 16:18配信

サンクトペテルブルグ・オープン

男子テニスツアーのサンクトペテルブルグ・オープン(ロシア/サンクトペテルブルグ、ハード、ATP250)は24日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのS・ワウリンカ(スイス)が第4シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を7-6 (10-8), 6-2のストレートで下し、決勝進出を果たした。

【フェデラー ワウリンカと和解】

この試合、第1セットを先取したワウリンカは第2セットに入るとサービスの調子を上げ、ファーストサービスが入った時に84パーセントの高い確率でポイントを獲得し、バウティスタ=アグに1度もブレークのチャンスを与えなかった。

そして、6度のブレークチャンスから2度のブレークに成功し、1時間51分で勝利した。

決勝では、第5シードで19歳のA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは準決勝で第3シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を6-4, 6-4のストレートで破っての勝ち上がり。

ワウリンカとズベレフは、今回が初の対戦。

tennis365.net

最終更新:9/25(日) 16:18

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]