ここから本文です

ウォズニアッキが大坂なおみを下して6年ぶりの優勝 [東レPPOテニス]

THE TENNIS DAILY 9/25(日) 17:00配信

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/本戦9月19~25日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート)の大会最終日はシングルス決勝が行われ、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が大坂なおみ(日本)を7-5 6-3で下して6年ぶりの優勝を果たした。試合時間は1時間46分。

大坂なおみは初タイトル獲得ならず、ウォズニアッキが6年ぶりの優勝 [東レPPO]

 前日に行われたダブルス決勝では、第2シードのサーニャ・ミルザ(インド)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)がノーシードから勝ち上がってきたリャン・チェン/ヤン・ジャオシュアン(ともに中国)を6-1 6-1で倒してタイトルを獲得した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

【コロシアム】

第1試合 シングルス決勝
●14大坂なおみ(日本)[WC] 5-7 3-6 ○22カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/25(日) 17:00

THE TENNIS DAILY