ここから本文です

守屋宏紀が予選突破、1回戦はモナコ [成都/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/25(日) 23:00配信

「成都オープン」(中国・四川省成都/9月26日~10月2日/賞金総額84万915ドル/ハードコート)の予選に第7シードで出場していた守屋宏紀(北日本物産)が、1回戦で関口周一(Team REC)を4-6 6-3 7-5で、続く予選決勝ではマリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)を2-6 7-6(6) 6-3で倒して本戦入りを決めた。

守屋宏紀が今季初優勝でチャレンジャー大会2勝目 [南昌チャレンジャー]

 今シーズン初のATPツアーの本戦となる守屋は、1回戦でフアン・モナコ(アルゼンチン)と対戦する。

 そのほかの日本勢では添田豪(GODAIテニスカレッジ)と仁木拓人(三菱電機)が予選に出場したが、第5シードの添田が予選決勝で、仁木は1回戦で敗れている。

 成都オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

日本人選手予選結果

【予選決勝】

●8添田豪(GODAIテニスカレッジ)[5] 3-6 5-7 ○5ラデク・ステパネク(チェコ)[2]

○4守屋宏紀(北日本物産)[7] 2-6 7-6(6) 6-3 ●2マリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)

------------

【予選2回戦】

○8添田豪(GODAIテニスカレッジ)[5] 6-4 6-2 ●7ワン・チュハン(中国)[WC]

○4守屋宏紀(北日本物産)[7] 4-6 6-3 7-5 ●3関口周一(Team REC)

●6仁木拓人(三菱電機)6-7(4) 2-6 ○5ラデク・ステパネク(チェコ)[2]

------------------------

【上位出場選手シード順位】

ドミニク・ティーム(オーストリア)[1]
ニック・キリオス(オーストラリア)[2]
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[3]
フェリシアーノ・ロペス(スペイン)[4]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/25(日) 23:00

THE TENNIS DAILY