ここから本文です

SBの連勝は2でストップ バンデンハーク乱調で痛い黒星、日ハムはM3に

Full-Count 9/25(日) 16:49配信

打線は5点ビハインドから2点差まで追い上げるも…

 ソフトバンクは25日、西武に5-7で敗れ、連勝は「2」で止まった。先発のバンデンハークが5回6安打6失点とまさかの乱調。打線は一時5点のビハインドから2点差まで追い上げたが、及ばなかった。日本ハムが勝ったため、ライバルの優勝へのマジックは「3」となった。

 バンデンハークは2回、無死二、三塁で外崎にバックスクリーンへの3ランを浴び、先制を許す。さらに、4回には1死一、二塁で坂田にライトへの2点二塁打を許し、0-5と大きくリードを広げられた。

 5回、ソフトバンクは1死満塁のチャンスを作ると、今宮が西武先発・多和田から押し出し四球を選ぶ。さらに、本多がタイムリー内野安打。2死となってから内川が押し出し四球を選び、3点目を奪って多和田をKO。しかし、続く松田は2番手・藤原に三ゴロに抑えられた。

 だが、バンデンハークが立ち直れない。その裏、浅村にソロホームランを浴び6失点目。この回で降板となった。

 ソフトバンクは6回に福田のタイムリーで1点を返すも、その裏に西武坂田のタイムリーが飛び出し、再び3点差に。8回に江川がホームランを放ち、2点差としたが、反撃もここまで。9回は先頭の今宮がヒットで出塁も後続が倒れ、5-7で敗れた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/25(日) 16:54

Full-Count