ここから本文です

ライコネン、「さすがは元ワールドチャンピオン」とチーム代表に絶賛される

オートスポーツweb 9/25(日) 8:08配信

 フェラーリのチーム代表、マウリツィオ・アリバベーネは、キミ・ライコネンのシンガポールGPでのパフォーマンスについて、「さすがは元ワールドチャンピオン」と思わせるものだったと激賞した。

【写真】シンガポールGPのサイン会に出席したライコネン

 ライコネンはルイス・ハミルトンと3位争いのバトルを繰り広げ、ハミルトンのミスを突いて一度はオーバーテイクを成功させたものの、その後、ピットストップのシークエンスにより順位を取り返されてしまった。結局、ライコネンは2戦連続の4位でレースを終えたが、シンガポールでは週末を通じて、チームメイトのセバスチャン・ベッテルに優る位置を守り通した。

 今週末のマレーシアGPを迎える時点で、ライコネンはベッテルに対し、ドライバーズ選手権でもわずか5ポイント差に迫っている。昨年のこの時期、ライコネンは3勝をあげた僚友に113ポイントの大差をつけられていた。

「キミに関して言えば、さすがは元ワールドチャンピオンと思わせるパフォーマンスを見せた」とアリバベーネは言う。

「彼は本当にいいドライビングをした。特にハミルトンに対するオーバーテイクは、相手の小さなミスを突いたものとはいえ、すばらしいものだった。実際、(ハミルトンでも)背後からプレッシャーをかけられれば、ミスをしてしまうことはある。キミは豊富な経験からそれを感じ取ったのであり、その点で見事だったと思う」

 また、アリバベーネは、フィールドの最後尾から追い上げ、5位でフィニッシュしたベッテルのパフォーマンスも褒め称えた。

「セバスチャンも文句なしのレースをして見せた。選んだ戦略も正しかったし、彼がそのアドバンテージを最大限に活かしてくれた。まさかあそこまで行けるとは思わなかった」

 ライコネンのハミルトンに対するオーバーテイクは、スタート時の順位変動を別とすると、2016年にメルセデスがコース上で追い越しを許した例としては、わずか6回目だった。

 中国では、ハミルトンが1周目の接触でマシンにダメージを負い、クルマが「4本脚のベッドのようにギシギシ揺れていた」と彼自身が表現したような状態で、ダニエル・リカルドとライコネンにパスされた。

 また、ハミルトンはアゼルバイジャンGPのバクーで、予選での度重なるミスにより10番手グリッドからのスタートを余儀なくされ、レースではバルテリ・ボッタスに抜かれてしまった。その後、ボッタスはまったく同じ形で、マックス・フェルスタッペンもとらえている。

 モナコのレースで、優勝したハミルトンとは対象的に「謎のスピード不足」に悩まされたニコ・ロズベルグは、フィニッシュライン直前でニコ・ヒュルケンベルグにかわさて、6位の座を奪われた。

 そして、シルバーストンでは、まだ路面が湿っている状況のなか、フェルスタッペンがロズベルグに対し、べケッツのアウト側から見事なオーバーテイクを成功させている。


[オートスポーツweb ]

最終更新:9/25(日) 8:10

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]