ここから本文です

県産材を随所に、自然志向住宅提案 小松でシモアラ

北國新聞社 9/25(日) 3:09配信

 住宅設計・施工、木材販売などのシモアラ(加賀市)は24日、小松市八幡でニューモデル「八幡の家」完成記念イベントを開いた。床の無垢(むく)材など県産材を随所に使い、壁にしっくいを取り入れた自然志向の住宅を提案している。

 八幡の家は、自然換気の「通気断熱WB工法」や太陽光発電も利用した。会場では、加賀市東谷山間米のすくい取り=写真=や、同社の工場で出た木材チップからアロマエキスを抽出した消臭スプレーの体験、木工教室も開かれ、家族連れらでにぎわった。25日まで。

北國新聞社

最終更新:9/25(日) 3:09

北國新聞社

なぜ今? 首相主導の働き方改革