ここから本文です

石川大敗、後なし BCリーグチャンピオンシップ第3戦、群馬に0-14

北國新聞社 9/25(日) 3:14配信

 ルートインBCリーグチャンピオンシップ第3戦(23日)西地区優勝の石川ミリオンスターズは群馬県の上毛新聞敷島球場で東地区優勝の群馬ダイヤモンドペガサスと対戦、0-14と大敗を喫した。石川は通算1勝2敗となり、後がなくなった。第4戦は25日午後6時半から同球場で行われる。

 石川は初回2死一、三塁の先制機に仁藤が投ゴロに倒れ得点できず、その後は六回まで三塁を踏めなかった。七回に桒原の左前打や四死球などで2死満塁のチャンスをつくるも、続く坂本が投ゴロに倒れた。八回も得点圏に走者を進めたが、あと一打が出なかった。

 投手陣は先発のレオが4回5失点と崩れ、その後も4人をつぎ込んだが、悪い流れを断ち切ることはできなかった。

 渡辺監督は「今日の大敗をしっかり受け止め、明日は絶対勝つ」と前を向いた。

北國新聞社

最終更新:9/25(日) 3:14

北國新聞社