ここから本文です

終盤に同点弾許した首位レアル ラス・パルマスに痛恨ドローで2戦未勝利

SOCCER KING 9/25(日) 5:38配信

 リーガ・エスパニョーラ第6節が24日に行われ、ラス・パルマスとレアル・マドリードが対戦した。

 前節ビジャレアルと引き分け、リーグでの連勝記録が16でストップしたレアル・マドリード。仕切り直しの一戦となるラス・パルマス戦でジネディーヌ・ジダン監督は、トップにアルバロ・モラタをチョイスしたほか、負傷者の多いディフェンスラインにはナチョ・フェルナンデス、ラファエル・ヴァランらを起用。このほか、マルコ・アセンシオ、クリスティアーノ・ロナウド、ギャレス・ベイルらがスタメン出場している。5戦で3勝と好調なスタートを切ったラス・パルマスは、モモ、ジョナタン・ビエラ、タナらが先発出場。ケヴィン・プリンス・ボアテングは出場停止によりスタンドから観戦となった。

 試合開始からレアル・マドリードが攻め込む。8分、左サイド深い位置からのFKをトニ・クロースが蹴ると、エリア内でモラタが打点の高いヘッドで合わせたが、GKラウール・リソアインにセーブされた。14分には左サイドを突破したモラタがエリア内でフリーになっていたC・ロナウドにボールを送ったが、トラップで体勢を崩し、思うようなシュートを撃つことができない。

 一方のラス・パルマスは27分、ビエラのループパスからタナがエリア内でダイレクトシュートを放つが、GKキコ・カシージャがキャッチ。直後にはビエラのミドルシュートも枠を捉えるが、再びGKカシージャに阻まれた。ラス・パルマスは30分にもタナがチャンスを迎えたが、オフサイドとなって得点を奪えない。

 試合が動いたのは33分。レアル・マドリードは左サイドからエリア内にナチョがドリブルで切り込み、ゴール前にシュート性のボールを送る。GKリソアインは片手一本で弾いたが、そのボールを走り込んできたアセンシオが頭で押し込み、先制に成功した。

 チャンスを作りながらも先行を許したラス・パルマスは38分、左サイドからモモがクロスを上げると、DFヴァランのクリアボールをタナが拾い、左足でゴール左隅に狙いすましたシュート。GKカシージャは反応したものの触ることができず、ボールがネットに突き刺さって試合は振り出しに戻った。タナは今シーズン4点目。

 両チームにゴールが生まれた前半は1-1で終了し、ハーフタイムに突入した。

 後半最初のチャンスはレアル・マドリードに訪れた。47分、C・ロナウドが左サイドを突破し、マイナス方向にパスを出す。上がってきたベイルが左足で柔らかいミドルシュートを撃ったが、GKリソアインが弾く。こぼれ球にアセンシオが詰めたが、オフサイドが宣告された。一方のラス・パルマスは55分、中盤で存在感を見せていたビエラが負傷により交代。代わってナビル・エル・ザールが投入される。

 64分にジネディーヌ・ジダン監督はアセンシオを下げてカリム・ベンゼマを投入。その直後の左CKからヴァランがヘッドを試みると、流れたボールをベンゼマがシュートしたが、GKリソアインの正面に撃ってしまいゴールをこじ開けることはできない。しかし67分、モラタからのスルーパスを受けたC・ロナウドがGKリソアインの至近距離からシュートし、GKが弾いたところをベンゼマが押し込んで勝ち越した。再びリードを奪ったレアル・マドリードは72分にC・ロナウドがベンチに下がり、ルーカス・バスケスがピッチに立った。

 しかしホームのラス・パルマスが粘りを見せた。85分、左サイドでボールを持ったタナがエリア内のビセンテ・ゴメスに浮き球のパス。同選手はヘッドで左ポスト手前にボールを落とし、走り込んだ途中出場のセルヒオ・アラウホがゴールへ蹴り込む。一旦はGKカシージャにセーブされたが跳ね返ったボールがアラウホにあたってゴール前に転がると、足を伸ばして枠に押し込んだ。終盤の同点ゴールで試合は2-2となる。

 終盤にレアル・マドリードが攻勢を仕掛け何度かチャンスを作ったが、試合はそのまま終了し2-2でタイムアップ。ラス・パルマスは次戦、10月2日に第7節でオサスナ、レアル・マドリードは27日にUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でドルトムントと対戦する。

【スコア】
ラス・パルマス 2-2 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 33分 マルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)
1-1 38分 タナ(ラス・パルマス)
1-2 67分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
2-2 85分 セルヒオ・アラウホ(ラス・パルマス)

SOCCER KING

最終更新:9/25(日) 18:27

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]