ここから本文です

王者に善戦も…高徳がリベリにかわされ決勝点献上、バイエルンは開幕5連勝

ゲキサカ 9/25(日) 2:30配信

[9.24 ブンデスリーガ第5節 ハンブルガーSV0-1バイエルン]

 ブンデスリーガは24日、第5節2日目を行い、首位バイエルンは敵地でDF酒井高徳所属のハンブルガーSVと対戦し、1-0で競り勝った。酒井は右サイドバックで5試合連続のフル出場を果たしたが、チームは4連敗。開幕から1分4敗と、未勝利が続いている。

 王者が苦しみながらも開幕5連勝を飾った。21日のヘルタ・ベルリン戦(3-0)から先発4人を入れ替え、FWキングスレー・コマン、MFレナト・サンチェス、MFジョシュア・キミッヒが2試合ぶりに先発したバイエルン。前半18分、左サイドをオーバーラップしたDFダビド・アラバが酒井とのマッチアップからクロスを送り、FWロベルト・レワンドフスキが頭で合わせたが、ヘディングシュートはクロスバーを越えた。

 積極的なプレッシングからカウンターを狙うハンブルガーSVは酒井も果敢にオーバーラップ。前半は互角に渡り合い、決定機をつくらせなかった。バイエルンは前半43分、右クロスにコマンが頭で合わせたが、酒井に厳しく寄せられ、ヘディングシュートは力なくGKの正面に飛んだ。

 スコアレスで折り返した後半5分にはバイエルンにアクシデント。DFマッツ・フンメルスが右膝を抑えてピッチに座り込むと、スタッフに肩を借りてピッチをあとし、DFイェロメ・ボアテングと交代した。後半16分にはMFフランク・リベリとMFアルトゥーロ・ビダルを同時投入。交代枠を使い切り、1点を取りに行った。

 終盤はバイエルンに押し込まれたハンブルガーSVだが、GKレネ・アドラーが好セーブを連発し、0-0のまま耐え続けた。しかし、試合終了間際の後半43分、バイエルンは酒井のクリアボールをMFチアゴ・アルカンタラがダイレクトで蹴り返し、左サイドのリベリにピンポイントのボールが渡る。必死に戻った酒井がリベリに対応するが、リベリはPA内左から鋭く縦に突破。酒井をかわしてゴール前に折り返し、逆サイドから走り込んだキミッヒが右足で押し込んだ。

 劇的な決勝点で1-0で競り勝ったバイエルンは無傷の開幕5連勝。カルロ・アンチェロッティ新監督の下、ドイツスーパー杯、DFBポカール、UEFAチャンピオンズリーグを含めて今季公式戦8戦全勝と、無敗街道をひた走っている。

最終更新:9/25(日) 2:30

ゲキサカ

なぜ今? 首相主導の働き方改革