ここから本文です

ブログで苦悩を綴る香川真司「今までと比べてもすごく激しいポジション争い」

ゲキサカ 9/25(日) 11:34配信

 ドルトムントに所属するMF香川真司が、今季のここまでの苦悩を自身のブログ(http://lineblog.me/kagawa/)に綴った。

 香川は先月14日のバイエルンとのドイツスーパー杯でフル出場。同22日のDFBポカール(ドイツ国内杯)1回戦では2ゴールを挙げるなど、好スタートを切っていた。ブンデスリーガ開幕節のマインツ戦でも先発フル出場していたが、その後、足首を負傷。その後、公式戦5試合連続でスタメン落ちとなり、今月23日のフライブルク戦でも2試合連続の出番なしに終わっていた。

 ドルトムントは今夏、MFヘンリク・ムヒタリアンやMFイルカイ・ギュンドガンらがクラブを去ったが、DFラファエル・ゲレイロやMFマリオ・ゲッツェ、MFアンドレ・シュールレなど中盤の選手を多く獲得した。新加入の選手を称える香川は「今までと比べてもすごく激しいポジション争いがあります」と現状を綴る。

「サイドのメンバーは若くて才能豊かな選手達が多いですし、インサイドハーフのポジションでは、ラファ、マリオ、ゴンソ(ゴンサロ・カストロ)といった選手とのポジション争いがあります。本当にみんな良い選手です。共にプレーをする中で感性が合う独特の感覚もそれぞれ感じてます。みんな特徴があり、個人の能力以外にもチームの為に戦う事のできるメンタリティを持っています」

 そんな中で怪我による出遅れを悔やむ香川。「試合に勝つことが絶対ではあるものの、出れず悔しいと思わない選手はいませんし、負けず嫌いの僕にとっては日々悔しさはあります。本当に悔しいです」とここまでの苦悩を明かす。

 それでも焦りはない。「日々トレーニングや準備を行っているので慌ててはいませんし、何よりもチームが勝つために何が出来るかを長いシーズンの中で考えて戦っていきたと思っています」と前を向く。好調な攻撃陣の波に乗り遅れた香川だが、与えられたチャンスで抜群の輝きを放つため、日々の準備は怠らない。

最終更新:9/25(日) 11:40

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。