ここから本文です

アーセナルに完敗のチェルシー、怒りがおさまらないコンテ「今のチームは名前だけが豪華」

ゲキサカ 9/25(日) 14:31配信

[9.24 プレミアリーグ第6節 アーセナル3-0チェルシー]

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、アーセナル戦の敗戦に怒りがおさまらないようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

 ミッドウィークのEFL杯でレスター・シティに延長戦の末に勝利したチェルシーだが、プレミアリーグの前節ではリバプールに1-2で敗れていた。24日に公式戦188回目となるアーセナルとのビッグロンドン・ダービーを行ったが、前半11分に不用意なミスからFWアレクシス・サンチェスに先制点を奪われると、前半のうちに3失点し、そのまま0-3でリーグ戦2連敗を喫した。

 コンテ監督は「入り方が悪かった。最初の1分からね。アーセナル対チェルシーというビッグゲームのはずなのに、これはおかしなことだよ。強豪相手には特に、最初の1分からだって気を抜くわけにはいかない。今日のようなことがあってはならないんだ」と怒りがおさまらない様子。「2つの大一番を続けて落としたんだ。この状況を謙虚に受け止め、流れを変えていく必要がある」と必死に気持ちをおさめた。

 また、後半に得点を返そうと、コンテ監督は同10分にセスク・ファブレガスに代えてMFマルコス・アロンソを投入。最終ラインをDFブラニスラフ・イバノビッチとDFガリー・ケーヒル、DFダビド・ルイスの3バックに変更していた。「この状況を変えなくてはいけない。失点が続いているからね。2バックだろうが3バックだろうが、あるいは4バックだとしても、このチームに適切なプランを用意するのが私の仕事だ」と話した。

 今後に向けては「ハードワークで改善を目指す」とし、「今のチームは名前ばかり豪華で、ピッチの上ではそうではない。ピッチは嘘をつかない。そこでの結果が全てだ。昨シーズンが昨シーズンだっただけに、変えていかなくてはならない。困難な道のりだが、しっかり受け止めることができれば、また上を目指していくことはできる」と今後の改善を誓った。

最終更新:9/25(日) 14:31

ゲキサカ