ここから本文です

闘莉王が電光石火の先制アシスト!復帰後3戦2勝で名古屋が新潟、甲府にプレッシャー与える勝ち点3

ゲキサカ 9/25(日) 15:57配信

[9.25 J1第2ステージ第13節 仙台1-2名古屋 ユアスタ]

 降格危機に直面している16位名古屋グランパスがアウェーでベガルタ仙台を2-1で下し、2試合ぶりの白星を挙げた。DF田中マルクス闘莉王復帰後、3試合で2勝目。残り4試合での逆転残留に向け、貴重な勝ち点3を獲得した。

 いきなり試合を動かした。名古屋は前半2分、ハーフウェーライン付近から闘莉王が前線にピンポイントのロングフィード。これに反応したFW小川佳純がPA内右に走り込み、右足ダイレクトでゴール左隅に流し込んだ。小川はこれが今季初ゴール。復帰3戦目の闘莉王が復帰後初アシストを記録し、名古屋が幸先よくリードを奪った。

 前半5分にはロングフィードをFWシモビッチがキープし、後ろに落としたボールをMF田口泰士が狙ったが、DFのブロックに阻まれる。同11分にもGK楢崎正剛からのロングキックをシモビッチが頭でそらし、小川がつないだボールをFW永井謙佑が左足でシュート。立て続けにチャンスをつくったが、枠を捉えられなかった。

 1点リードで折り返した後半12分、相手のミスを突いて追加点を奪う。仙台はGK関憲太郎がDF平岡康裕に預け、後ろからビルドアップしようとしたが、素早くプレッシャーをかけた田口が平岡からボールを奪取。そのままドリブルでGKもかわして左足で無人のゴールに流し込んだ。

 名古屋の1試合複数得点は6月25日の第1ステージ最終節・G大阪戦(3-3)以来13試合ぶりで、第2ステージは初。2-0とリードを広げると、その後の仙台の反撃も体を張って跳ね返した。仙台は後半24分、ロングフィードに反応したMF奥埜博亮がワンタッチで闘莉王をかわし、PA内に切れ込んだところで闘莉王と交錯して転倒。しかし、西村雄一主審の笛は鳴らず、ホームの仙台サポーターからはブーイングが飛んだ。

 それでも攻勢を続ける仙台は後半41分、MF梁勇基がドリブルで仕掛けて左サイドに展開。MFパブロ・ジオゴが鋭いクロスを入れると、これがMF磯村亮太のオウンゴールを誘い、1点を返した。直後の42分にも梁のピンポイントパスにDF菅井直樹が抜け出し、決定機を迎えるが、惜しくもオフサイドの判定。引き分けで残留が確定する仙台だったが、あと1点が遠かった。

 2-1で逃げ切った名古屋は2試合ぶりの勝ち点3を獲得。暫定ながら15位新潟との勝ち点差を「1」、14位甲府との勝ち点差を「2」に縮め、このあと試合を控える新潟、甲府にプレッシャーをかけた。新潟は午後4時半キックオフの試合で鹿島と、甲府は午後7時キックオフで柏と対戦する。

最終更新:9/25(日) 16:28

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。