ここから本文です

浦和、広島に3発快勝で第2S首位キープ!! 川崎Fの結果次第で年間首位浮上も

ゲキサカ 9/25(日) 16:56配信

[9.25 J1第2ステージ第13節 浦和3-0広島 埼スタ]

 J1は25日、第2ステージ第13節を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズとサンフレッチェ広島が対戦。浦和が1点を先行して前半を折り返した試合は、後半にも2点を加点した浦和が3-0の完封勝利を収めて3連勝。第2ステージ首位の座を守るだけでなく、この日の夜に行われる川崎Fの結果次第で年間首位に浮上する可能性が出てきた。

 2連勝中で前節、第2ステージ首位に立った浦和は前節FC東京戦(○3-1)から先発1人を入れ替えてFW興梠慎三を先発起用。一方、アウェーの広島は前節鳥栖戦(○3-2)から先発の入れ替えはなく、同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。

 ホームの浦和は立ち上がりの前半2分、MF高木俊幸のパスからMF柏木陽介がファーストシュートを放つも枠を捉え切れず。その後もボールを保持する浦和が好機を生み出すが、同15分にはMF駒井善成のラストパスから狙った高木のシュートがDFにブロックされ、同16分には左サイドから高木が送ったクロスに飛び込んだ興梠がヘッドで叩き付けるもボールはゴール右へと外れてしまった。

 一方の広島は前半28分にMF青山敏弘の落としからFWピーター・ウタカが強烈な右足シュートで狙うが、ボールはゴールマウスを捉え切れず。同31分にはDF塩谷司のスルーパスからPA内に進入したMFミキッチがMF関根貴大のファウルを誘ってPKを獲得するが、キッカーを務めたウタカのシュートは枠上に外れてしまい、先制のチャンスを逃してしまった。

 すると前半35分、浦和が思わぬ形から先制に成功する。広島の攻撃をはね返してカウンターを発動させると、自陣でボールを受けた柏木がスピードに乗って前線へとボールを運ぶ。右サイドを駆け上がってボールを呼び込んだMF武藤雄樹のグラウンダーのクロスがDF千葉和彦のオウンゴールを誘い、スコアを1-0とした。

 1-0と浦和がリードしたまま後半を迎えると、立ち上がりに広島がシュートチャンスを創出。後半3分にはMFミキッチが切り返しで関根を翻ろうしてシュートまで持ち込むが、GK西川周作の守備範囲に飛んでしまう。さらに同4分には左サイドの展開からMF茶島雄介が至近距離からシュートを狙うも、カバーに入ったDF那須大亮にクリアされてしまった。

 すると、後半5分に浦和が追加点を奪取する。柏木のスルーパスからPA内に走り込んだ高木がグラウンダーのボールを送ると、ゴール中央の興梠が押し込んでリードを2点差に広げた。すると同6分、浦和は駒井に代えてDF遠藤航を最終ラインに投入し、MF宇賀神友弥が左アウトサイド、関根が右アウトサイドにポジションを移した。

 2点をリードされた広島は後半14分、サイドチェンジを受けた左サイドのMF柏好文が切れ込んでシュートを放つも、西川に弾かれたボールはポストを叩いてしまう。すると同15分、武藤の縦パスを受けた宇賀神が浮き球のパスを送ると、最終ライン裏に抜け出した高木が鮮やかなトラップでボールを落ち着け、GK林卓人との1対1を制してネットを揺らし、浦和がリードを3点差に広げた。

 反撃に出る広島だが後半19分にウタカ、同20分にはDF塩谷司が狙うも、ともに西川に阻まれてチャンスをモノにできない。その後も同37分の千葉のシュートが西川にストップされるなど、最後まで広島に得点を許さなかった浦和が3-0の完封勝利を収めた。

最終更新:9/25(日) 22:49

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]