ここから本文です

湘南、GK村山の好セーブ連発で連敗ストップ…磐田とスコアレスドロー

ゲキサカ 9/25(日) 17:04配信

[9.25 J1第1ステージ第13節 磐田0-0湘南 ヤマハ]

 残留に向けて勝ち点3が欲しい年間順位13位のジュビロ磐田と最下位の湘南ベルマーレの一戦は、0-0でスコアレスドローに終わった、湘南は連敗を『10』でストップさせ、年間順位で最下位を脱出した。

 DF大井健太郎が左大腿二頭筋肉離れで離脱中、DFパパドプーロスが出場停止とDF陣の台所事情が厳しい磐田。前半2分、MF太田吉彰のFKの流れから、最後はMFアダイウトンがバイシクルシュートを放つも枠を外れる。同34分には、カウンターからアダイウトンがドリブルでボールを運び、そのままシュートに持ち込んだが、GK村山智彦に防がれた。

 前節、福岡との下位直接対決を0-2で落とし、年間勝点で最下位に転落してしまった湘南は、前半19分に決定機。DF三竿雄斗のインターセプトからカウンターが発動し、MF山田直輝がPA右で鋭い切り返し2回からシュート性のクロスを送る。これにカウンターの起点となった三竿が反応し、左足でゴールネットを揺らしたが、惜しくもオフサイドの判定。同31分にも左CKからFW大槻周平がドンピシャヘッドもGKカミンスキーのファインセーブに阻まれ、先制点とはならなかった。

 スコアレスで迎えた後半9分、磐田はPA右から太田がマイナスに折り返したボールをFWジェイが左足シュート。丁寧にコースを狙ったが、わずかにゴール左に外れる。同12分には、左サイドからDF中村太亮が精度の高いクロスを供給。ジェイが中央でヘディングシュートも、GK村山の横っ飛びセーブに阻まれ、1点が遠い。

 磐田は後半43分にもMF川辺駿の絶妙なクロスをジェイが打点の高いヘッドで合わせるもGK村山がファインセーブ。互いに最後までスコアを動かすことができず、スコアレスドローに終わった。

最終更新:9/25(日) 17:04

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。