ここから本文です

浦和GK西川、PKの危機に感じた“背中にいる仲間”

ゲキサカ 9/25(日) 18:54配信

[9.25 J1第2ステージ第13節 浦和3-0広島 埼スタ]

 守護神の力をまざまざと見せ付けた。浦和レッズGK西川周作は幾度となく訪れた危機をしのぎ、チームに完封勝利をもたらしたものの、最初に訪れた危機を救ったのは「サポーター」と振り返る。

 スコアレスで迎えた前半31分に浦和は広島にPKを献上してしまう。キッカーはJ1得点ランクトップを走るFWピーター・ウタカ。対面した西川だったが、背中から猛烈な後押しを受ける。サポーターがウタカにプレッシャーを掛け続けると、広島のストライカーが蹴り出したボールは大きく枠を外れることとなった。「ピンチでしたが、背中にはサポーター、仲間がいてくれた。かなりのプレッシャーを掛けてくれたし、サポーターが防いでくれた」。

 そして、後半に入ると次々とビックセーブを披露してゴールにカギを掛ける。特に後半14分には左サイドから切れ込んだMF柏好文に強烈なシュートを放たれたものの、「先に動かなかった」からこそ体に当たり、体に当たったボールはポストを叩いて得点を許さず。このプレーで「今日は運があるなと思った」。

 その後も後半19分にウタカ、同20分にDF塩谷司、同37分にDF千葉和彦のシュートをストップし、チームに勝ち点3をもたらした。「自分としてはピンチはあると思って試合に入っていたし、準備はしっかりしていたので、うまく無になりながら試合を楽しめたと思う」と第1ステージで4失点を喫した相手から完封勝利を収め、白い歯を見せた。

最終更新:9/25(日) 22:51

ゲキサカ