ここから本文です

「こっちの方がいい」と仲間に言われるも… 浦和MF宇賀神“本職”でも魅せる

ゲキサカ 9/25(日) 19:22配信

[9.25 J1第2ステージ第13節 浦和3-0広島 埼スタ]

 本人も言う。「本職ではない」と――。しかし、浦和レッズMF宇賀神友弥は3バックの左CBの位置に入って相手攻撃をはね返して守備で貢献。さらに、試合途中から本職の左アウトサイドにポジションを移して攻撃面で決定的な仕事をこなしチームを勝利へと導いた。

 序盤から広島の右サイドを駆け上がるMFミキッチの対応に手を焼いた。対応していたMF関根貴大が「今年一番やられた」と振り返るほどだったが、関根の後方に構える宇賀神は、裏に抜けてクロスを上げてくるミキッチに対し、「特長を消すためにわざと距離をとったり、駆け引きの部分など、自分で楽しみながらやることを意識した」と自由を奪おうと奮闘した。

 そして、2-0で迎えた後半6分にDF遠藤航が最終ラインに投入されて、左アウトサイドにポジションを移すと、大仕事をやってのける。同15分、左サイドから中央に入り込んでいた宇賀神はFW武藤雄樹から縦パスを呼び込む。ここで、3つの選択肢があったと振り返る。「最初はサイドに展開しようとした」。しかし、FW興梠慎三が裏に動き出し、「慎三くんと目が合った瞬間にパスを出そうとした」。だが、興梠が動き出した先にFW高木俊幸がいたため、「一瞬の判断でトシ(高木)にパスを変えた」。

 武藤の縦パスを受けて前線に絶妙なパスを送ると、鮮やかな軌道を描いたボールは高木の足元へと届き、ダメ押しとなる3点目が生まれた。「常にミシャ(ペトロヴィッチ監督)から三つの選択肢を持てと言われている。ボールを受けた瞬間に外と慎三くんとトシと三つの選択肢があったからこそ生まれたゴールだと思う」と満足気に振り返った。

 3バックの左CBのポジションでのプレーにも手応えを得ているようで、「本職ではないけど、皆から『もはや本職。こっちの方がいいんじゃない』と言われます(笑)。ただ、ある程度は自信を持ってプレーできています」と胸を張った。

最終更新:9/25(日) 22:57

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合