ここから本文です

千葉・長谷部監督「なぜ誤審ができるのか、不思議で仕方ありません」

ゲキサカ 9/25(日) 23:14配信

[9.25 J2第33節 東京V1-1千葉 味スタ]

 ジェフユナイテッド千葉は東京ヴェルディと1-1で引き分け、2戦連続ドローで終えた。試合後の会見で千葉の長谷部茂利監督は「これだけ一所懸命プレーしている選手たちに対して、なぜ誤審ができるのでしょうか」と、審判団に対して不満をあらわにした。

 両チーム合わせて6枚の警告が提示されたように、中盤で激しい攻防が続いた一戦だった。前半24分にセットプレーから東京Vが先制。千葉は1点を追う展開となった。

 後半32分、自陣右サイドでこぼれ球に反応したFWエウトンが後方から来たMF船山祐二に足を刈られた。上村篤史主審はアドバンテージを適用したが、プレーが切れた時点でも船山祐に警告は提示されなかった。すでに前半アディショナルタイムにイエローカードを受けていた船山祐。このプレーで警告なら退場となり、千葉は数的優位に立てていた。

 加えて数名の選手たちが「(町田)也真人のはPKだったと思う」と振り返った場面が同じく1点を追う後半40分。DF丹羽竜平からの浮き球にPA右で反応したMF町田也真人がDF安在和樹との競り合いで転倒。後ろからのしかかられる形だったが、上村主審の笛は鳴らなかった。

 とはいえ、千葉にとって不利な笛が続いたわけではなく、東京V側に不満が募る場面もあった。後半42分の千葉の得点シーン。右サイドからピッチ中央へ流れてきたボールをDF近藤直也が拾い、ドリブルで持ち上がったところでMF井上潮音と交錯。両者が倒れ込むと、近藤が起き上がる際に振り上げた足が井上の顔面を直撃した。しかし、プレーは続行され、最後はFW吉田眞紀人の得点につながった。

 会見で「悔しいです」と口を開いた長谷部監督は「まずは結果。勝利できなかった悔しさ。それと一つ……」と言うと、怒りをあらわにした。

「これだけ一所懸命プレーしている選手に対して、なぜ誤審ができるのでしょうか。不思議で仕方ありません。真剣にやればやるほど、真面目にやればやるほど、誤審が目立ちます。(誤審が)多いと思います。非常に残念です。そこに悔しさを覚えます」

 指揮官が判定への怒りを口にする中、DF近藤は審判への苛立ちがあったことを認めつつ、決定力を欠いたことを指摘。「レフェリー云々ではなく、決めるところを決めないと。後ろからしたら、“何してんの?”という話で。正直こういうのが多い。“それ決めろよ”みたいのを決められずに、引き分けとか負けてしまうとか。そういう試合が多すぎて、ストレスが溜まっていた。でも我慢するしかない。それにプラスしてレフェリーにイライラしても仕方ないので。やるしかないし、終わったことを言っても仕方ない。1試合1試合勝つしかない」と自らに言い聞かせるように話していた。

最終更新:9/25(日) 23:45

ゲキサカ