ここから本文です

ハマの番長・三浦 最終登板へ気合の休日返上トレ

東スポWeb 9/26(月) 8:23配信

 今季限りで引退するDeNAのハマの番長・三浦大輔投手(42)が25日、休日返上で29日の最終登板・ヤクルト戦(横浜)に備えた。

 この日、本拠地・横浜スタジアムでの投手練習に参加した三浦は、ブルペンには入らず軽めの調整。「今日は休んでよかったけど、引退したら休めるので軽く体を動かした」と謙遜したが、投手練習開始の1時間以上前から無人のスタンドで一心不乱に走り込み。ラスト登板への意気込みは半端ではない。

 横浜の街には「永遠番長」のキャッチコピーが載せられた引退試合のポスターが、いたる所に貼られている。三浦は「スタジアムに来る時、街中に目立つようになった。ありがたい」と、最後の晴れ舞台への盛り上がりに感謝の思いは強い。

 それでも「まだ(引退の)実感がない。いつもどおり投げるだけ」。2位巨人とは1・5ゲーム差で2位浮上の可能性もあるだけに「勝つしかない。チーム状態も良くなっている。2つ勝ってクライマックス(CS)に行く」とお祭りムードに流されることはない。CSファーストステージ開催権を、その右腕で引き寄せる。

最終更新:9/26(月) 8:23

東スポWeb