ここから本文です

【RIZIN】ミルコvsシウバ10年ぶり再戦が電撃決定

イーファイト 9/26(月) 11:53配信

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された格闘技イベント『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント』で、ミョン・ヒョンマンを1R2分20秒、肩固めで破ったミルコ・クロコップ(クロアチア)。

【フォト】高田・統括本部長の「やれんのか?」の問いに答えるシウバとミルコ

 これで無差別級トーナメント1回戦を勝ち上がり、12月29日(木)に同所で開催される2nd ROUND(準々決勝)へ駒を進めたミルコだが、試合後のマイクアピールでヴァンダレイ・シウバと髙田延彦・統括本部長をリングに呼び込んだ。

 ミルコは準々決勝でシウバとの対戦を要求し、榊原信行・RIZIN実行委員長もリングサイドに駆けつけ、トーナメント2回戦でのミルコvsシウバが電撃決定した。両者は2006年9月の『PRIDE無差別級グランプリ』準決勝で対戦しており、この時はミルコがシウバを1R5分22秒、左ハイキックでKOしている。

 カード決定後、ミルコとシウバはそれぞれ「ヴァンダレイはPRIDE時代からのライバル。試合までに完璧な状態に仕上げるので、ヴァンダレイも完全な状態で来てくれると思います」(ミルコ)、「自分もミルコのことをとても尊敬しているけど、年末はミルコをノックアウトする。最高の戦いを見せたい」(シウバ)と健闘を誓い合った。

最終更新:9/26(月) 12:32

イーファイト