ここから本文です

チャンス・ザ・ラッパーやカニエらも注目するフランシス・アンド・ザ・ライツが待望のデビュー作を発表

bmr.jp 9/26(月) 19:40配信

チャンス・ザ・ラッパーやカニエらも注目するフランシス・アンド・ザ・ライツが待望のデビュー作を発表

チャンス・ザ・ラッパーやカニエらも注目するフランシス・アンド・ザ・ライツが待望のデビュー作を発表

昨年から今年にかけてチャンス・ザ・ラッパーやフランク・オーシャンらの話題作に立て続けに参加し注目を集めているフランシス・アンド・ザ・ライツが、待望のデビュー・アルバム『Farewell, Starlite!』を発表した。

フランシス・アンド・ザ・ライツは、オークランド出身でバークリー育ちのフランシス・フェアウェル・スターライト率いる、ニューヨークを拠点としたソロ・プロジェクト。2007年にインディペンデントでEP『Striking』をリリースしてデビューすると、翌年リリースしたEP『Modern Promise』からのリード・シングル“The Top”が、プリンスなどと比較されるエレクトリックなファンク~ポップ・サウンドに、光と影の表現、個性的なフランシスのダンスとあいまったミュージック・ビデオで話題に。さらにカニエ・ウェストの“Can’t Tell Me Nothing”のカバーが、カニエのブログで紹介されたことでも知名度を上げ、2010年春には本格メジャー・デビューを控えたドレイクのツアーに参加。これをきっかけに、ドレイクのメジャー・デビュー作で、大ヒットを記録した『Thank Me Later』に彼がプロデュースした“Karaoke”が収録されることとなる。

以降は、リリックス・ボーン『As U Were』(2010年)、ダス・レイシスト『Relax』(2011年)への参加や、兄弟R&Bデュオのinc.とのコラボレーション、2012年の映画『素敵な相棒~フランクじいさんとロボットヘルパー~』(日本公開は2013年)の音楽スコアを担当するなどしながら活動を続けてきたが、転機となったのはチャンス・ザ・ラッパーとの出会いだ。2014年にチャンス・ザ・ラッパーが発表した“Wonderful Everyday: Arthur”にボーカルと鍵盤奏者として参加したのを機に、チャンス率いるソーシャル・エクスペリメントの2015年作『Surf』に数曲で参加。今年発表されたチャンス・ザ・ラッパーの最新作『Coloring Book』にも参加し、チャンスのワールド・ツアーにも同行している。

これに続いて、フランク・オーシャンが先日発表した最新作『blonde』収録の“Close To You”にも関わるなど注目が集める中、今年7月には、『Coloring Book』に収録された“Summer Friends”の原曲となる“Friends”をリリース。ボン・イヴェールがゲスト参加し、カシミア・キャット、アリエル・レヒトシェイド、ベニー・ブランコらと共にプロデュースした同曲は、フランシスが得意とする、ボコーダーやハーモナイザーに似たボーカル・エフェクト「プリズマイザー」を多用した歌声が印象的な楽曲だが、カニエ・ウェストまで登場するミュージック・ビデオも大きな話題に。これと同時に、長らく待たれていた初のフル・アルバム『Farewell, Starlite!』を間もなくリリースすることを予告していたが、チャンス・ザ・ラッパーのシカゴ公演が行われる今月24日、ついにこの待望のアルバムを解禁した。

公式サイト farewellstarlite.com で無料ストリーミング再生のほか、無料ダウンロードできる形で発表された『Farewell, Starlite!』は、全10曲を収録。今年5月に発表されていた“Thank You”や、リード・シングルとしてダウンロード発売されていた“Friends”に加えて、今月頭に発表され、やはりボン・イヴェールのジャスティン・ヴァーノンがプロデュースに関わった“See Her Out (That’s Just Life)”なども収録されている。他の楽曲についての詳しいクレジットなどは明かされていないが、“My City’s Gone”にはカニエ・ウェストも参加していると報じられており、フランシス本人もこの記事をリツイートしている。またフランシスは、“I Want You To Shake”でダニー・トランペットが関わっていることも明かしている。チャンス・ザ・ラッパーも度々SNSでこのアルバムを紹介するなどバックアップしており、大きな話題となりそうだ。

1. See Her Out (That’s Just Life) [feat. Bon Iver]
2. Comeback
3. Can’t Stay Party
4. I Want You To Shake
5. May I Have This Dance
6. My City’s Gone
7. Running Man / Gospel OP1
8. It’s Alright To Cry
9. Friends (feat. Bon Iver)
10. Thank You

最終更新:9/26(月) 19:50

bmr.jp

なぜ今? 首相主導の働き方改革