ここから本文です

仮面女子・黒木ひなこ生誕祭で10か月ぶり復帰 インパルス堤下も祝福!

東スポWeb 9/26(月) 8:25配信

 仮面女子・アーマーガールズのセンター・黒木ひなこの20歳の生誕祭が24日、東京・秋葉原の仮面女子カフェ(常設劇場)で行われた。

 黒木は家庭の事情を理由に、昨年11月のさいたまスーパーアリーナ単独公演を最後に休業。この日、約10か月ぶりのステージに立ち「みなさん温かくて、違和感なく溶け込めました。待っていてくれたファンの方や、私を見たことがない人も受け入れてくれた」と感謝した。また、番組で共演して以来、黒木を“推しメン”にするお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(38)が祝福に駆けつけ、ステージ上で誕生日プレゼントを手渡した。現在、仮面女子とネット番組で共演しており、「他の仕事を断って」番組スタッフとともに劇場を訪れたという。

 黒木はこの日、1部公演からステージに立ち、ブランクを感じさせないセンターらしいパフォーマンスを見せた。アマガのリーダー・窪田美沙(22)の「アマガのセンターはひなちゃんしかいない。やっぱり6人は最強」の手紙に涙を流し、改めて生誕祭を盛り上げてくれたファン、メンバー、先輩・後輩アイドルに感謝し「今後も頑張ります」とあいさつ。ステージを終え「居場所があるのはいいいですね」と、ホッとした表情だったが、今後のライブや芸能活動については「未定です。でも、少しずつ頑張っていきたい」とだけ答えた。

最終更新:9/26(月) 11:56

東スポWeb