ここから本文です

お母さんに夏休みをプレゼント…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く 【ニュース振り返り】

withnews 9/30(金) 7:00配信

 「お母さんも夏休み欲しいなぁ~」。そのひと言に対して子どもたちがとった行動とは? ツイッターに投稿した漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題になった漫画家・吉谷光平さんが描きました。

【漫画】「お母さんも夏休み」はこちら。〝30秒で泣ける〟と話題になった「男ってやつは」も掲載

漫画の内容は

 夏休み だらけて過ごす子どもだちが嫌になる

 ◇ ◇ ◇

 母:「お母さんも夏休み欲しいな~ なーんてね」

 息子:「いいよ!! 明日の朝ごはんは俺が作る!!!」

 母:「あら」

 ◇ ◇ ◇

 ついでに洗濯と鳥の世話を頼むとこれもOK

 小3の娘は乗り気ではないが 役割分担を決め始めた

 ご飯を用意し 食器を洗い 二人で鳥のカゴを掃除してゴミ出し

 2回目の洗濯ものを干してくれた

 ◇ ◇ ◇

 息子:「ねぇお母さん もう疲れた お母さん、これ一人でやってるの?」

 母:「お母さんすごいでしょ!!!」

 ◇ ◇ ◇

 二人がくれた朝限定の夏休み

元のニュースはこちら

 先日、朝日新聞生活面の「ひととき」に「お母さんも夏休み」というタイトルの投稿が掲載されました。

 投稿したのは札幌市に住む子育て中の30代主婦で、小6の息子と小3の娘がいます。

 ある日、彼女が子どもたちからもらった「朝限定の夏休み」について綴られています。

 ◇ ◇ ◇

 夏休み中の子どもたちに「お母さんも夏休みほしいな」と甘えてみた。すると、小6の息子が「いいよ! 明日の朝ご飯は、俺が作る」と笑顔で言う。ついでに洗濯と鳥の世話を頼むと、これもOK。小3の娘は乗り気ではないが、嫌がりもせずに役割分担を決め始めた。

 おかずは夕食の残りなので、用意も楽だろう。ただ、気が変わっては困るので、何度も確認したが、「5時半に起こして」と息子は本気だ。

 朝、息子はまだ眠たい顔で台所に立った。ご飯を温め、テーブルに並べてくれた。娘はみそ汁をつくってくれ、その間、息子には洗濯機の使い方も教え、洗濯を頼んだ。一段落して3人で朝食をいただく。おいしい!

 その後、娘が食器を洗い、掃除機をかけて、2人で鳥かごの掃除。息子はごみを出し、1回目の洗濯が終わり干してくれた。2回目の洗濯物を干す時、「もう、疲れた。お母さん、これ一人でやってるの!?」と、家事の大変さを理解してくれた発言に、誇らしい気分。

 夏休み中は、だらけて過ごす子どもたちが嫌になる。朝限定だったが夏休みをくれた2人の優しさにお母さんのストレスは吹っ飛んだよ。うれしかった!

漫画作者・吉谷光平

 【よしたに・こうへい】 26歳の漫画家。サラリーマン生活や漫画家アシスタントなどを経て、月刊スピリッツの「サカナマン」でデビュー。現在は月刊ヤングマガジンで「ナナメにナナミちゃん」を連載中。ツイッターで公開した2ページ5コマの漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題に。

最終更新:9/30(金) 7:00

withnews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]