ここから本文です

<境界のRINNE>テレビアニメ第3シリーズが17年春スタート “ショッピングモールの姉”も登場

まんたんウェブ 9/26(月) 11:03配信

 高橋留美子さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「境界のRINNE」(NHK・Eテレ)の第3シリーズが、2017年春に放送がスタートすることが26日、分かった。第3シリーズでは、新たに“ショッピングモールの姉”とも呼ばれる元占師の姉祭・アネット・瞳が登場するほか、主人公・六道りんねの出生の秘密も描かれる。

【写真特集】アニメ監督が語る「境界のRINNE」の裏側 NHKの目をかいくぐり…

 原作者の高橋さんは「皆さまのおかげで、めでたく第3シリーズを放送していただけることになりました。ありがとうございます。人としてダメなところが個人的にとても気に入っているアネットが見られてうれしいです。難しいことを考えないでくつろいで、そして家族皆で楽しんで見ることができる作品ですので、ぜひ第3シリーズもご期待ください」と喜んでいる。

 りんね役の声優の石川界人さんは「新シリーズでは、アネットさんも登場し、さらにキャラ同士いろいろな接点が増えていきますので、りんねと桜以外の物語にも注目していただけるとうれしいです」とコメント。ヒロイン・真宮桜役の井上麻里奈さんも「私たちが本当に楽しんで演じているのが、画面を通して伝わっているかなと思います。それくらい皆で愛を込めて、新シリーズも頑張っていきますので、ぜひご家族で楽しんでいただけたらうれしいです!」と話している。

「境界のRINNE」は、2009年から「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中のマンガが原作。幼いころから幽霊が見える女子高生・真宮桜や、祖母が死神で祖父が人間の六道りんねが、怪奇現象を解決していく姿を描いている。テレビアニメ第1シリーズが15年4~9月に放送され、第2シリーズが4月にスタートし、24日の放送で最終回を迎えた。

最終更新:9/26(月) 13:49

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]