ここから本文です

千趣会、デザインにもこだわった問題解決家事雑貨ブランド「クスクスワークス」を設立

ネットショップ担当者フォーラム 9/26(月) 10:36配信

千趣会は9月27日、家事雑貨ジャンルの新ブランド「kusu kusu works(クスクスワークス)」を立ち上げる。

「クスクスワークス」は困りごとを解決する機能的価値のほか、プロジェクトパートナーとしてアッシュコンセプトと契約しデザイン面を強化。年間6億円の売り上げをめざす。

新ブランドの第1弾は「洗濯」をテーマにしたハンガー5アイテムと室内物干し、物干し竿、バスタオルスタンド、ランドリーボックスの計9アイテムを販売する。

共働きや単身世帯の増加、住宅事情、大気汚染問題から、洗濯物を部屋干しする人の割合が増えている。その大半がリビングで干しているとの調査結果があり、次のような問題が発生しているという。

1. 干すためのスペースをとる。
2. 人が集まるリビングなので生活感を出したくない。
3. 物干し・ハンガー・ピンチなどの洗濯道具の置き場に困っている(邪魔)。

今回販売する9アイテムではこうした問題に対処するため、

1. 生活感を醸し出すプラスチックのピンチ(洗濯バサミ)を使わない
2. 使わない時は場所を取らず収納できる機能と、出しっぱなしでも絵になるデザイン
3. 洗濯物を畳むことなくハンガーにかけたまま収納できる

といった設計を施し、問題の解決を図ったとしている。

千趣会では今後も「クスクスワークス」の商品開発を進め、売り上げ拡大につなげていくとしている。

最終更新:9/26(月) 10:36

ネットショップ担当者フォーラム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]