ここから本文です

実力派揃いで音楽の密度がすごい!新リング第2弾

チケットぴあ 9/26(月) 18:19配信

新国立劇場の2016-17シーズンは、10月2日(日)、昨年から始まった新しい『ニーベルングの指環』の第2弾『ワルキューレ』で幕を開ける。世界レベルの実力派ワーグナー歌手たちが揃った注目の舞台。9月下旬、稽古中の劇場を訪れた。

【そのほかの画像はこちら】

第1幕をほぼふたりだけで作るのはジークムントとジークリンデ、禁断の愛で結ばれる双子の兄妹だ。ジークムントのステファン・グールドは、『ラインの黄金』ではローゲを歌い、『ジークフリート』『神々の黄昏』ではジークフリートと、4作すべてに出演する。ジークムントを舞台で演じるのはこれが初めてという。豊かな強い声は、若々しさと甘さも併せ持ち、この悲劇的な役を迫真の歌唱で演じている。ジークリンデのジョゼフィーネ・ウェーバーも堂々と渡り合う。ジークムントの『冬の嵐は過ぎ去り』からの二重唱は聴きどころ。緊迫した歌い合いの中に、禁じられた間柄なのに出会ってしまったふたりの愛の喜びがあふれている。

ジークリンデがこれだけ立派だと、もしかしてブリュンヒルデが霞んでしまうのではないかという心配が一瞬でも心をよぎった自分が馬鹿だった。すでに新国立劇場でも同役を歌っているイレーネ・テオリンのブリュンヒルデは、北欧の歌手(スウェーデン生まれ)特有の透明で豊かな声で見事な貫禄。ブリュンヒルデが愛に目覚め、父ヴォータンに背いてゆく葛藤も巧みに演じている。そのヴォータンのグリア・グリムスレイは、ひと声で「神」を感じさせる。第3幕の『告別の歌』が、深く、神々しい。

この日のリハーサルは舞台装置も衣装も照明も付けて、音楽だけはピアノ伴奏による通し稽古だった。しかし、歌手たちがほぼフルヴォイスで歌っていたおかげもあって、音楽の密度の濃さは尋常ではなく、5時間超という長丁場を忘れてワーグナーの音楽に没頭した。ピアノ伴奏でオペラを観てこんなに熱中したのは初めてだ。これにあのスペクタキュラーなオーケストレーションが加わったらと思うとゾクゾクする。

全幕を通して傾斜ステージが特徴的な舞台はゲッツ・フリードリヒが1996年から1999年にフィンランド国立歌劇場で制作したプロダクション。物語に別の要素を加えたりすることなく、ワーグナーの世界を正面から見せてくれるので音楽に集中できる。ラストで、横たわるブリュンヒルデを炎の結界が囲んでゆくシーンは圧巻だ。

公演は10月2日(日)、5日(水)、8日(土)、12日(水)、15日(土)、18日(火)の全6回。上演時間は休憩を含めて約5時間20分。

取材・文:宮本明

最終更新:9/26(月) 18:19

チケットぴあ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]